心の医者による、自分らしく生きるということ。

自分らしく生きるのは、素晴らしいこと。

ダメ人間なら、ダメ人間のまま進め。

この世界は対称性が隠れている。

f:id:jibunrashikuikiru:20170627183829p:plain

うわあ俺ダメだなあ。そんな自分を否定して、ちゃんとした自分になろうとする。寝てばかりはダメ。遊んでばかりはダメ。空気が読めないのはダメ。協調性がないのはダメ。何かしてない自分ダメ。こんな感じで無意識に自分をダメだと決めつけ、傷つけてしまう。こんな人は周りの人間たちにも同じようにジャッジを下し、「正しいことばかりする正しい人間」として認識されるが、まるでロボットのようだ。ダメの領域を広げれば広げるほど、自分も他人も苦しめていく。自由が不自由に変わっていく。自由を取り戻すためには、ダメな自分を受け入れ、認め、許すことだ。ダメな自分で一日を過ごしてみる。最初はかなり抵抗があったり、そわそわしたりして違和感があるかもしれないが、実はダメな自分になることが、本当に手に入れたいものが手に入るきっかけになったりする。この世界は、光があれば影があるように、右があれば左があるように、対称性から成り立っている。対がある世界=相対世界とも言えるだろう。ダメな自分を受け入れることは、最高の自分を受け入れることにつながる。コインには表と裏があるが、表だけ手に取る事ができないように、何かを得ようと思ったらその裏を受け入れる必要がある。ダメを受け入れたら、何かがやってくる。

私を縛っているのは私だ。

f:id:jibunrashikuikiru:20170627184837p:plain

世間体、社会通念、人の目、評価、常識、私たちはあらゆるものに縛られている。これらはすべて自分の外の価値観である。自分の中に目を向けてみると、実は一番縛られているのは「自分自身によるもの」が多い。そう、自分の考えだ。世間体や常識とは言ったものの、それらは幻想でしかない。自分自身を縛っているものは、自分以外の何者でもないのだ。自分の考えから脱却すること。自分の考えから解放されること。これがいかに難しいことなのかは人それぞれだが、とてもシンプルなことである。

ダメ人間なら、ダメ人間のまま進め。

ダメ人間からわざわざ理想の自分になる必要なんてない。いずれボロが出る。そんなことより、ダメ人間ならダメ人間らしく、潔く散れ!ということだ。ダメ人間の「最高」を表現する。精一杯を出す。それを見た人たちが感動して、勇気を与えられ、たくさんの人たちが救われると思う。だから、ダメな自分を許そう。どんどん変わっていくから。寝坊ばかりする自分を許そう。どんどん時間守れるようになるから。お金がない自分を許そう。なぜかお金が入ってくるから。不安な自分を許そう。安心した自分になれるから。ダメでダメでどうしようもない、そんな自分のまま進もう。その先がダメでも、また許そう。ダメな自分も笑い飛ばせるようになるから。

f:id:jibunrashikuikiru:20170627190704p:plain

自分らしく生きる。